相続が開始(死亡)してからでは遅すぎます
相続税シミュレーションをやってみませんか?

被相続人が死亡しますと、10ヶ月以内に「相続税申告書」を所轄税務署に提出しなければなりません。

・誰が遺産を相続することができるのか
・各人の相続金額はいかほどか
・相続税はいくら位だろうか

等の問題点が発生し、遺族間でトラブルことが少なくありません。

そのような過去の経験を踏まえて、私どもはご提案いたします。
相続開始前に、おおまかな相続税の試算をされてみては如何でしょうか。

・法定相続人は誰なのか
・各人の相続割合と相続財産はいかほどか
・相続税はいくら位だろうか。各人の負担額は
・遺言の効力と限界について
・遺留分とは何か。またその金額とは
・相続税の納付計画は大丈夫だろうか

私どもがご提案する『相続税シミュレーション』では、上に示したような問題点を速やかに解決することができます。
それにより予め予備知識を得て準備することができますので、不必要な混乱を避けることができます。なお、平成27年1月1日より、相続税の課税が強化されました。

本件に関するお問い合わせは、下記へお願いします。

戸田会計事務所 所長 戸田裕陽
担当 岩城佳代
TEL 03-3464-5830
FAX 03-3770-3054
E-mail info@todakaikei.jp

コメントは受け付けていません。

ページ上部に戻る